ミラブルの取り付け方(ホースごと交換する)


ヘッドとホースが一体化しているシャワーでミラブルを使うには?

お風呂のシャワーには、まれにホースとヘッドが一体化しているタイプがあります。
このタイプのシャワーはヘッドだけを外すことが出来ませんので、このままではミラブルなど自分の好きなシャワーヘッドに付け替えることも出来ません。
ですが、ホースごと付け替えれば好きなシャワーヘッドを使うことが出来ます。
今回はシャワーをホースから交換する方法をご紹介します。
これを知っておけば、ヘッド付け替えだけでなく、水漏れや経年劣化などでシャワーホースの交換が必要になった時にも役立ちます。

手順1、パーツごとのメーカーを確認

水栓(蛇口が付いている、水道の本体部分)のメーカー(ブランド)名と、シャワーのメーカー(ブランド)名を確認してメモしておきます。
メーカー名は、本体の見えやすいところに「TOTO」「MYM」「KVK」など刻印されています。水栓だと蛇口や本体の上面、シャワーだとヘッドの首のところが多いようです。
例えば下の画像だとTOTO(トートー)です。これは水を出すハンドルとお湯を出すハンドルの間のところにありました。

メーカーロゴ
適合商品を探す時に必要となる場合もあるので、水栓は品番もできればわかったほうが良いです。しかし品番はメーカー名に比べると見えづらい位置に表示されていることが多く、金具の根元や裏側や隅っこなどに有ります。また、メーカー名のような刻印ではなくラベル表示なので、すでにラベルが剥がれていたり色褪せて読めなくなっているかもしれません。
なので品番は、もし見つかればで大丈夫です。

シャワー根元
シャワーの根元に品番らしき物を見つけた!?と思い、写真を撮影しました。
下の画像は刻印が読めるように写真を回転させたものです。

シャワー根元回転
「W24山20」…これがシャワーホースか水栓どちらかの品番かな!?と思ったら、これは品番ではなく、この箇所(ホースと水栓の接続部)のネジ目の規格(サイズ)を示したものでした。しかしこれも、アダプターを買うときに必要な情報となるのでメモします!

ちなみに、メーカーの公式ホームページへアクセスすると、品番の表示位置が説明されているので、あらかじめ確認しておくとスムーズに探せます。
例)TOTO
例)INAX(LIXIL)

手順2、ホームセンターなどでシャワーホース等を買う

手順1でメモしたメーカー情報をもとに、適合するシャワーホースと、必要ならばアダプター(接続部品)を入手しましょう。
また、元々のシャワーホースを取り外すのに工具(水栓レンチ、またはウォーターポンププライヤーやモンキーレンチ)が必要な場合があります。
試しにシャワーホースの根元を素手で握ってひねってみて、自力では回せなければ工具も用意しましょう。
シャワーホース商品のパッケージには、水栓とシャワーヘッドのメーカーに応じて「アダプター無しで接続OK」「品番▲▲のアダプターが必要」などが分かるように詳しく説明が書いてあります。そちらを参照しながら必要なパーツを揃えてください。
なお、ミラブルはKAKUDAI(カクダイ)、TOTO(トートー)、バランス釜以外のINAX(イナックス)、SANEI(サンエイ)と同じタイプのシャワーヘッドです。適合表を見るときは、これらのメーカーの欄を見てください。

ホームセンターなどのシャワー関連用品売り場にはミラブルにも使える便利なパーツが多数売られています。
ホースのついでにそちらも調達して、バスタイムを思い通りにカスタマイズしちゃいましょう♪

ときどき、ミラブルのご使用者さまから
「今までのシャワーよりも首の角度が高く、お湯が上から降って来ない。もっと後方にお湯が飛んでしまっている。フリーハンドでシャワーを浴びたいのに、ミラブルは片手で持たないといけない…」
「今使っているシャワーはヘッドに水を止めるスイッチがあって凄く便利、手放せない! けどミラブルにはこれがないからなぁ…」
といったガッカリのお声が聞こえてきます…。
しかし、角度を調節できるシャワーフックや、シャワー用の止水スイッチ単体も売られています!
これらを自由に組み合わせれば、今までのシャワーにあった快適さを諦めることなくミラブルも堪能できますよ。

手順3、シャワーホースを付け替える

 まずは今ついているシャワーホースを外しましょう。
水栓とシャワーホースの接合部を工具(モンキーレンチなど)を使ってゆるめ、取り外します(ホースによっては素手で回すだけで外せる商品もあります)。
外したホースは中の水を抜き、表面の水分も拭き取って保管しておきましょう。小さなゴムパッキンを失くさないように注意してください!
次に、買ってきたホースを水栓につなぎます。アダプターが必要な場合はまずアダプターを、アダプターが不要な場合は直接ホースを水栓に取り付けします。
水もれの原因となりますのでゴムパッキンを忘れずに入れてください。
接合部を外すときとは逆方向に回して締めれば、ホースの取り付けは完了です!
水栓用品メーカーのカクダイ様が、YouTube公式チャンネルにてシャワーホースの交換方法を動画で説明していらっしゃいます。とても参考になるのでご覧ください♪

手順4、シャワーホースとミラブル・プラスをつなぐ

ここまで来たら、あとは『 ミラブルの取り付け方・A(ヘッドだけ交換する) 』の◆手順2からと同じです。
シャワーホースの先に、まずはトルネードスティックを取り付けします。トルネードスティックの向きは、写真の通り。ホースにトルネードスティックのゴムパッキンが付いている側を入れます。
トルネードスティックが取り付けできたら次はミラブル(シャワーヘッド)です。
ミラブルをトルネードスティックの上に付け、時計回りにクルクル回せば取り付け完了です。


【まとめ】
・家のシャワーがヘッド・ホース一体型ならば、ホースごと交換すればミラブルを使える
・ホース以外にも便利なシャワーグッズがホームセンターで買える
・メーカーごとに規格が違うので、シャワーをカスタマイズする時はメーカーをよく確認
・カスタマイズで自分好みの快適バスタイムが実現


ウルトラファインミスト ミラブルplus (シャワーヘッド)